全方位的な高速化対応をしなければ、TEST MY SITE、PageSpeed Insightsで評価されない時代へ

※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

 

GoogleがWebサイトに対して求める要件は年々厳しくなってきています。例えば、以前、TEST MY SITE、PageSpeed Insightsのスコアで高得点を取っていたサイトも2,3年も放置すれば、スコアが落ちていくなどと言うこともよく聞く話です。

一説によると、TEST MY SITE、PageSpeed Insightsのスコアは絶対評価ではなく、相対評価ではないかという意見も出ています。常に上位の高速さを維持しておかなければ高いスコアをとれないような雰囲気すらあります。
推測はさておき、Googleのツール群の結果は結果です。このスコアの結果が「遅い」判定(ペナルティ)だと、検索順位が上がりにくく、場合によっては落ちていきます。具体的にはGoogleAnalyticsでGoogleリファラーが毎週10%近く落ちている状況があれば、それは何らかのペナルティを受けている可能性が高いのです。

(この続きは以下をご覧ください)
https://s-port.shinwart.com/tech-column/yo_column54/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

検索オプション
より目的の検索結果となるように検索条件を絞り込める検索のこと。サイト内検索を提供 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]