若年層へのアプローチに最適なTikTok広告とは? ★2018年App Storeでインストール数世界1位!

TikTok広告を検討している方必見!利用者が増え続けるTikTok自体の解説、広告の種類、また事例についてもご紹介します。

TikTokとは?

TikTokは2016年に開始された動画をメインとした新しいソーシャルメディアです。リリース直後は、一部の若い世代、中高生に使われていたモバイルアプリでしたが、2018年になってから急激にダウンロード数が増加。モバイルアプリマーケティング調査会社「SensorTower」の調査によると、アプリダウンロード数は全世界で10億回以上を突破、App Store内で2018年に最もダウンロードされたアプリとなっています。

日本国内での利用率も徐々に高まっており、最近では新たな消費者とのコンタクトポイントとして、「TikTok広告」がビジネス利用の面でも注目が集まっています。

TikTok広告3つのフォーマット

現在「TikTok起動画面広告」、「TikTokインフィード広告」、「TikTokハッシュタグチャレンジ広告」という3つの広告フォーマットが存在します。

それぞれの特徴、メリット・デメリットについてはこちら

TikTok広告の事例紹介

インフルエンサーを取り入れた広告(脱毛サロンキレイモ)

 

脱毛サロンの「キレイモ」は芸人の渡辺直美さんを起用して、TikTok広告の配信を行いました。通常の広告費用に加えてインフルエンサーへの費用が発生しますが、自社のターゲットから共感される人を起用することで、広告の効果を高めることができるでしょう。

いかがでしたか?

積極的なプロモーション、若年層とのニーズのマッチ、最先端のAI技術により、提供開始からわずか2年で海外月間アクティブユーザーが5億人と、すでにTwitterより多い第3のソーシャルメディアとなっているTikTok。そんな若年層を中心に急激に拡大しているTikTokだからこそできる広告があります。

▼詳細を読む>>

広告をきっかけにマネする女子高生が続出したTikTokの成功事例とは?

そのほか、TikTokの詳細、TikTok広告の種類についてもご紹介します!

用語集
PR / TikTok / ソーシャルメディア / ダウンロード / フィード / 動画広告 / 広告 / 話題
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

勝手広告
企業広告を消費者や第三者が勝手に作って公開する自主制作の広告。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]