若年層へのアプローチに最適なTikTok広告とは? ★2018年App Storeでインストール数世界1位!

TikTok広告を検討している方必見!利用者が増え続けるTikTok自体の解説、広告の種類、また事例についてもご紹介します。
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

TikTokとは?

TikTokは2016年に開始された動画をメインとした新しいソーシャルメディアです。リリース直後は、一部の若い世代、中高生に使われていたモバイルアプリでしたが、2018年になってから急激にダウンロード数が増加。モバイルアプリマーケティング調査会社「SensorTower」の調査によると、アプリダウンロード数は全世界で10億回以上を突破、App Store内で2018年に最もダウンロードされたアプリとなっています。

日本国内での利用率も徐々に高まっており、最近では新たな消費者とのコンタクトポイントとして、「TikTok広告」がビジネス利用の面でも注目が集まっています。

★TikTok広告3つのフォーマット

現在「TikTok起動画面広告」、「TikTokインフィード広告」、「TikTokハッシュタグチャレンジ広告」という3つの広告フォーマットが存在します。


それぞれの特徴、メリット・デメリットについてはこちら

>★TikTok広告の事例紹介

インフルエンサーを取り入れた広告(脱毛サロンキレイモ)


 

脱毛サロンの「キレイモ」は芸人の渡辺直美さんを起用して、TikTok広告の配信を行いました。通常の広告費用に加えてインフルエンサーへの費用が発生しますが、自社のターゲットから共感される人を起用することで、広告の効果を高めることができるでしょう。

>いかがでしたか?

積極的なプロモーション、若年層とのニーズのマッチ、最先端のAI技術により、提供開始からわずか2年で海外月間アクティブユーザーが5億人と、すでにTwitterより多い第3のソーシャルメディアとなっているTikTok。そんな若年層を中心に急激に拡大しているTikTokだからこそできる広告があります。

▼詳細を読む>>

広告をきっかけにマネする女子高生が続出したTikTokの成功事例とは?

そのほか、TikTokの詳細、TikTok広告の種類についてもご紹介します!

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

NSFW
Not safe for workの略。直訳すると「職場向けとしては安全ではない ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]