Excel業務ダイエットで結果にコミット!Excelの課題を克服する最適な仕組みづくり

アステリアでは各製品ホワイトペーパー、解説書、講演資料などをご提供しています。今回は、Excel業務の課題を解決するASTERIA Warp Coreをご紹介。
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿です:
  • 編集部の見解や意向と異なる内容の場合があります
  • 編集部は内容について正確性を保証できません
  • 画像が表示されない場合、編集部では対応できません

 さまざまな業務で広く利用されているExcelだが、柔軟性のある便利なツールである半面、属人化してしまうことで業務の効率化が図りづらい側面があることは幅広く認識されている通りである。なかには、Excelで行っている煩雑な業務を専用の分析ツールや集計ツールなどに移行する“脱Excel”を掲げて業務の見直しを行っている企業もある。

 しかし、Officeアプリケーションが広く普及したことにより広がったExcelは、表計算だけでなく帳票や見積書、議事録など、さまざまな業務への適用範囲が広いことから、完全に利用をやめてしまうことは難しい。したがって、Excelを上手に活用しながら、Excelの課題を解消できるような使い方を模索すべきだろう。

 今回は、そんなExcelの使い勝手を最大限に生かすための最適解について探ってみたい。

内容

  1. 業務で利用されるExcelとそのワケ
  2. Excelの業務活用における課題
  3. “脱Excel”ではなくExcelとシステムを共存する
  4. Excelを快適に利用するための「ASTERIA Warp Core」
  5. ExcelとASTERIA Warp Coreを連携させた活用事例
  6. 初期費用0円、月額3万円から始められるデータ連携ツール

▼ダウンロードはこちらのサイトから
https://www.asteria.com/jp/contact/warp/wp_diet_excel/

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

Net Promoter Score
顧客のロイヤルティを測る指標の1つ。「ある製品・サービスを友人に勧めるか」という ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]