人材不足だからこその逆境をチャンスに変える!非エンジニアをDX人材に変えるノーコード・ローコードツール選択の極意<ホワイトペーパーダウンロード>

アステリアでは各製品ホワイトペーパー、解説書、講演資料などをご提供しています。今回は、DXの必要性が叫ばれる中、いかに非IT人材をDX人材に転換するかを考察します。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

企業の持続的な成長や競争力強化に向けて、デジタル技術を駆使して新たなビジネスモデルの転換を創出するために必要なデジタルトランスフォーメーション(DX)は、多くの企業でその重要性が認識されているところだろう。経済産業省が警鐘を鳴らすITシステムのブラックボックス化による「2025年の崖」を克服するべく、あらゆる産業でデジタル技術を活用したDX化に向けた取り組みが進められている。

しかし、DX推進に必要なデジタル技術をビジネスに生かすためのIT人材は枯渇している状態にあると言わざるを得ない。経済産業省が公表しているIT人材需給に関する調査のなかでも、2030年には最大で79万人不足するという報告もあるほど。DXの重要性や必要性を理解しているものの、それを実行するためのIT人材は、既存システムの運用保守で手一杯の状態で、DX推進に向けた取り組みが加速していかない1つの要因となっている。そんな状況を打開するためには、情報システム部門を中心としたIT人材だけでなく、業務部門に所属する非IT人材も含めた社内リソースをDX推進者として育てていく、DX人材への転換が求められている。

目次

  1. 叫ばれ続けるIT人材の枯渇とDXの必要性
  2. DX推進を外部に任せることの是非
  3. 大きな潮流となっているノーコード・ローコードとは?
  4. ノーコード・ローコード事例
  5. ノーコード・ローコードツールの種類と大きな区分け
  6. バックエンドシステムを支えるノーコード・ローコード
  7. 最適なデータ連携ツールとしてのASTERIA Warp
非エンジニアをDX人材に変えるノーコード・ローコードツール選択の極意

▼ダウンロードはこちらのサイトから
https://www.asteria.com/jp/contact/warp/wp_nocode/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

フィーチャーフォン
高機能ケータイ電話を指す呼び方。 主に海外で、電話の機能だけをもったケータ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]