Excel業務の自動化で人的ミス&工数を削減!~従量課金型の新規ビジネスを支えるデータ連携ツール<コニカミノルタジャパン様が語る!データ連携ツール活用法>講演レポート

ASTERIA Warpプロダクト担当による不定期連携。今回はASTERIA Warpユーザー企業様によるイベント講演レポートです。今回は、コニカミノルタジャパン様より、データ連携ツール「ASTERIA Warp Core」の活用事例を元にExcel業務を自動化するポイントをご紹介いただきました。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

働き方改革とコニカミノルタジャパン

コニカミノルタジャパンでは、働き方改革の自社実践で培ったノウハウを元に、人材不足を解消するための業務改善をサポートする「いいじかん設計」活用ソリューションを提案しています。 

昨今、多くの企業が人手不足を実感し、売上減少や品質低下などの影響を受けています。 
コニカミノルタジャパンでも同様の課題があり、DXを進めるためにも作業を効率化しなくてはいけないと考えました。そこで業務を効率化するために導入したのがASTERIA Warp Coreです。

複数のサービスを、お客様に従量課金で提供する

なにから業務を効率化していくかを考えたときに、既存業務はある程度効率化されていて大幅にプロセスを変更することは難しいため、まだ業務フローが確立されていない新規ビジネスに関わる業務を対象とすることにしました。 

新規ビジネスは複数サービスを組み合わせて使用量に応じて従量課金で提供する形態であったため、毎月の請求額計算をExcelで行うと作業工程が煩雑になることが予想されました。具体的には、多様なデータフォーマットの取り扱いや複雑な集計処理など、上図の4点を課題と感じており、また、人為ミスを防止するためにも自動化できないか検討していました。

これらの課題を解決するために、システムやExcelなどの各種ファイルのデータを変換・加工して連携させることができるASTERIA Warp Coreを活用しました。

▼続きはこちらのサイトでご覧いただけます
https://www.asteria.com/jp/warp/blog/20210216/85480.html

アーカイブ動画の視聴をご希望の方は、以下のバナーをクリックしてください。

Excel業務の自動化で人的ミス&工数を削減!~従量課金型の新規ビジネスを支えるデータ連携ツール

その他のユーザー企業様によるデータ連携ツール活用法については、<ユーザー様ご登壇 事例セミナー>ユーザー企業が語るデータ連携ツール活用法をご覧ください。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

デッドリンク
Webページに貼られたリンクの中でリンク先が存在しないか、何らかの理由でアクセス ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]