DX実現につながる!活Excelで業務自動化・効率化<動画視聴>

アステリアでは各製品ホワイトペーパー、解説動画、講演資料などをご提供しています。今回は、身近なExcel定型業務の自動化を通したデジタルトランスメーションをご提案します。
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿です:
  • 編集部の見解や意向と異なる内容の場合があります
  • 編集部は内容について正確性を保証できません
  • 画像が表示されない場合、編集部では対応できません
  • 内容の追加・修正も編集部では対応できません

最新のデジタル技術に適応するため、業務プロセスの見直しや変革など多くの企業が取り組みはじめているデジタルトランスフォーメーション(DX)。

そのDXを実現するためにはまず業務の自動化・効率化が重要となり、その手段として今注目されているのが”RPA”と”データ連携”です。

当セッションでは業務自動化のもっとも身近な取組みとして、帳票やレポート作成、データ分析など様々な業務で使われている”Exce定型業務の自動化”についてご紹介します。

目次

  1. DX実現の3つのフェーズ
  2. Excel業務課題を効率化!脱Excelと活Excel
  3. データ連携ツールで実現する活Excelと活用シーン

▼お申し込みはこちらのサイトから
https://www.asteria.com/jp/contact/warp/mv_ss_excel/

用語集
ASTERIA / DX / Excel / RPA / WARP / アステリア / アプリケーション連携 / レポート / 帳票 / 自動化
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ビジネスエスノグラフィ
ユーザー中心設計/人間中心設計における、ユーザー調査の方法論の1つ。 ユー ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]