【訪日外国人】訪日ビジネスを考える ~今、そして、今後伸びるターゲットは? (1)~

よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

アメリカ、中国、台湾と訪日外客について、その性質や実態について述べて参りましたが、今回は視野を一度広げて、訪日外客の上位常連国以外も含め、どういった国、どういった人が今、そして、今後の訪日客のターゲットになるのかについて予測をしたいと思います。

まずは、日本在住の友人や親族などから情報を得て、また、そこを頼って来るという方が、訪日外客の約10%います。このうち、韓国、中国、台湾、香港の訪日外客数上位4カ国と地域は10%未満です。つまり、これら以外の国だけ見ると、20%以上の方が、在留外国人を手がかりに訪日するということです。

ということで、国別に在留外国人数をグラフにすると以下の様になります。

出典:法務省入国管理局「平成29年末現在における在留外国人数について」
 

中国、韓国といった訪日外客もトップの国がやはり多いですが、続いているのはベトナム、フィリピン、ブラジル、ネパールといった国です。とはいえ、このグラフに特に驚きはないでしょう。
平成29年(2017年)末の統計データですが、これを、2016年末と比較すると...

▼続きはこちら▼

https://citrusjapan.co.jp/column/cj-column/w001_201806.html

※会員記事となります。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アドワーズ
グーグルが提供する、検索連動型広告/コンテンツ連動型広告に出稿できる、キーワード ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]