社内のデータ連携をさらに加速!Googleのサービス”G Suite”との簡単連携アダプターを体験してみた

ASTERIA WARPのプロダクト担当による不定期の連携デモ。今回は、Googleの”G Suite”とのアダプターを使ったデータ連携に挑戦してみました。
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

みなさん、こんにちは。インフォテリアのキクチです。

前回、ご紹介したのは《 Office365との連携をより簡単に行える「Office365アダプター」》でした。今回も新バージョンで新たに追加されたアダプターを試していきたいと思います♪

G SuiteはGoogleの提供するグループウェア機能です。
ストレージを利用してファイル共有が出来る「Googleドライブ」、WEBメールの「Gmail」や「Googleカレンダー」などの機能があります。個人利用も可能なので使ったことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

ASTERIA WARPの1712のバージョンアップではこれらのサービスとデータを連携できるアダプターがリリースされています。

今回追加されたG Suiteと連携するアダプターは3種類。

  • Googleドライブと連携できる「Googleドライブア ダプター
  • Googleカレンダーと連携できる「Googleカレンダー アダプター
  • Googleコンタクトと連携できる「Googleコンタクト アダプター

これらはそれぞれ、Google上に格納された情報をSQLと同じように扱えるように“Get”、“Put”、“SQLCall”の3種類ずつのコンポーネントで構成されています。

これらのコンポーネントを利用して、Googleのサービスとどのように連携できるのか、試してみたいと思います!

 

▼続きはこちらのサイトでご覧いただけます
https://www.infoteria.com/jp/warp/blog/try/asteria-taiken-report/29415.html

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

リターゲティング
行動ターゲティング広告の1つで、検索サイトやバナー広告などから訪れた訪問者のその ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]