AIのマーケティング活用の「可能性と限界」& AI検討のチェック項目

AIのマーケティング活用の「可能性と限界」& AI検討のチェック項目
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

AIをマーケティングでも活用できないか?そう考えているマーケティング担当者も多いのではないでしょうか?「Hot顧客の発見」「退会しそうな会員の早期発見」など、AIを使って色んな事が出来そうだ!そんなことを考えていると思います。私自身もAIをマーケティングにどう活用することが出来るのか日々勉強しています。

しかし、情報を集めていくとAIの可能性ばかりでなく、限界もよく見えてくるのもまた事実です。私自身情報を収集していて一番大きな収穫は、AIを活用するためには一定の条件を満たす必要があることが分かったことです。どんな企業でも無条件にAIを活用できるのではなく、AI導入のスタートラインにも立てない企業のほうが多いと推測されるのです。そこで、今回はAIの可能性と限界について記述した上で、自社でAIを活用することが出来るのか簡単なチェック項目を用意しました。あくまで簡易的なものなので条件に当てはまらなければ絶対にAI導入は無理だとは言いませんが、参考になるかと思います。

続きはこちらからご覧いただけます。

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

検索エンジン
Yahoo!(ヤフー)やGoogle(グーグル)に代表される、インターネット上の ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]