セルフ型アンケートツール「Surveroid」オープンアンケートの活用で本格的なCS調査、ES調査ができるようになりました!

リリース情報提供元: プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
2024年07月11日(木)
株式会社マーケティングアプリケーションズ
株式会社マーケティングアプリケーションズが運営するセルフ型アンケートツール「Surveroid(サーベロイド)」では、アンケート作成から配信、回答データ回収、集計をワンストップで実施でき、国内消費者パネル約500万人や、海外24カ国の消費者といった弊社保有回答者への調査(モニターアンケート)の他に、企業の抱える顧客や従業員などへ向けての調査(オープンアンケート)もスピーディかつ低コストで本格的な調査が可能です。



Surveroidのオープンアンケート機能拡充の背景

企業の持続的な成長・競争力の維持において、顧客インサイト理解、従業員エンゲージメントの重要性が高まる中、CS(顧客満足度)調査、ES(従業員満足度)調査でSurveroidを利用したいというご要望を多くいただいていました。今まで寄せられていたお客様のニーズにお応えし、CS調査、ES調査で利用いただけるよう、機能を拡充しました。

Surveroidのオープンアンケートの特徴

Surveroidのオープンアンケートには、以下4つの特徴があります。

1.オープンアンケートでも本格的な設問作成が可能

定量調査で使用される様々な設問タイプのほか、画像挿入など各種オプション機能が利用可能です。モニターアンケートも提供するSurveroidならではの本格的な調査を実施することが出来ます。



2.調査会社も利用する集計ツールforAnalysisが利用可能

回収した回答データは、集計ツール「forAnalysis」で集計することができます。調査会社のリサーチャーも利用する本格的な集計ツールを無料で利用することができ、GT表やクロス表の作成をはじめとした、アンケート集計に必要な基本的な機能を網羅しているため、回答データを様々な方向から分析することができます。



3.モニターアンケートとオープンアンケートの一括管理が可能

Surveroidでは、モニターアンケートとオープンアンケートを同一アカウントで実施することができます。アンケート種別によるツールの使い分けが不要なため、進捗や請求を一括で管理できるほか、共通の設問作成画面・集計ツールを利用することができます。



4.大型アンケートも低コストで実施可能

オープンアンケートは最低価格2万円(税別)からという低コストで手軽に実施ができ、「設問数」と「実施期間」で料金が決定する従量課金制となります。回収数が費用に反映されないため、大規模な調査の実施にも適しています。

セルフ型アンケートツール「Surveroid」について

変化の激しい現代において消費者に直接問いかけてデータを得る「アスキングデータ」の重要性が更に高まる中、「新規事業での商品・サービスのニーズ調査」「社内・社外の提案資料の裏付けデータ」「クリエイティブの効果測定」「商品の認知度調査」等、直接問いかけることでのみ検証ができるシーン、かつ即時性が求められるシーンで Surveroid は皆様にご利用いただいています。
今後とも「誰でも簡単に使えるサービス」を目標に、 Surveroid では「聞く」ことを皆様のビジネスの当たり前に変えていき、 経験と勘のみに頼った意思決定ではなく、データに基づいた意思決定ができるようなサービスのご提供を目指して参ります。

URL:https://surveroid.jp/

会社概要

株式会社マーケティングアプリケーションズ
所在地:東京都渋谷区千駄ヶ谷5丁目27-5リンクスクエア新宿 16階
代表取締役:竹中 司
設立:2022年5月26日
資本金:1億円
事業内容:マーケティングリサーチプラットフォーム,データマネジメントツール/ソフトウェア,システムソリューション
URL:https://mkt-apps.com/

【本件に関する問合せ先】
株式会社マーケティングアプリケーションズ
サーベロイドカスタマーサポート
MAIL:customer-support@surveroid.jp
オンラインミーティング(ご予約):https://timerex.net/s/ai.ono_7782_693f/4ffb1bd9
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
このページは、PR TIMESから提供されたニュースリリース情報を表示しています。
プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
PR TIMESのリリース情報をもっと見る
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ファーストビュー
ブラウザーでWebサイトを表示したときにスクロールせずに最初に見える範囲。閲覧者 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]