「ウェブ解析士」と「UX検定基礎」が共同マーケティング、テキスト無料や受講料割引

ウェブ解析士協会とUXインテリジェンス協会が特典を相互付与、2月1日に連携セミナー

Webマーケティングの資格となるウェブ解析士を養成する一般社団法人ウェブ解析士協会(WACA)は、一般社団法人UXインテリジェンス協会(UXIA)が実施する「UX検定基礎」と「ウェブ解析士試験」の共同マーケティングを始めた、と1月23日に発表した。WACAとUXIAが実施する各試験を相互に学習しやすくして、「UX×デジタル領域」のハイブリッド人材の創出を目指す。WACAとUXIAの連携セミナーも2月1日に開催する。

双方の学習とさらなるスキルアップを促進する特典を提供する。UX検定基礎の合格者向けには、ウェブ解析士認定試験の受験を条件に「ウェブ解析士テキスト」のPDF版(4400円)が無料でダウンロードできるクーポンを提供する。一方、ウェブ解析士の会員向けには「UX検定基礎」(1万890円)を割引価格(9900円)で受験できる割引クーポンを会員向けメールマガジンで提供する(いずれも税込み価格)。

WACAは、ウェブ解析の理解を深めて自社やクライアントの事業に貢献できる各種講座を開講。UXIAは、優れたUXを実現するため全ビジネスパーソンに欠かせないスキルとマインドを体系的に学ぶUX検定基礎を提供している。ウェブ解析で事業の成果に導くには、ユーザーのインサイト(動機・本音)の理解が不可欠で、UXデザインの知識が役立つ。UXの視点では、ウェブ解析データを活用してユーザーの行動を理解することが重要となる。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

エスノグラフィックリサーチ
民族誌学的アプローチによる調査のこと。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]