ウェザーニューズがスーパー・小売、飲食事業者に「来店客予測データ」を提供開始

高解像度1kmメッシュ天気予報と過去の来店客数をAIで学習、発注業務やシフト管理をDX

気象情報サービス事業のウェザーニューズは、気象データ提供サービス「WxTech(ウェザーテック)」で、高精度で高解像度な1kmメッシュの天気予報を用いた「来店客予測データ」の提供を小売や飲食事業者向けに始めた、と8月30日に発表した。天気の影響を大きく受けるスーパーマーケットや飲食チェーン、アパレルなどの店舗で発注業務やシフト管理のDX(デジタル変革)化を推進し、食品ロスやスタッフの過不足を解消する。

1kmメッシュの天気予報を用いた「来店客予測データ」の概要

 

来店客予測データは、①1kmメッシュの過去天気予報データ、②店舗ごとの過去の来店客数や定期的に開催されるセール日などのビジネスデータ、③曜日やクリスマスなどのイベントのカレンダー情報――の3種類の過去データをAI(人工知能)で学習させて、来店客予測モデルを構築。店舗の緯度経度に基づく1kmメッシュ天気予報を反映することで、より高精度にピンポイントで予測する。

台風接近や大雪が予報される場合の当日の買い控えなど荒天時の購買傾向も考慮する。クラウド経由で提供するので既存システムとの連携が容易。緯度経度や時間を指定しておくだけで必要なタイミングにデータを自動取得できる。企業は、自動発注システムの精度向上でチャンスロスや見切・廃棄ロスの削減でき、スーパーマーケットで購入率の計算や飲食チェーンの売上予測・シフト調整など自動発注以外にも活用できる。

首都圏で食品スーパーを展開するマルエツは、来店客予測データを全305店舗に先行導入して段階的に発注システムとレジシフト管理システムと連携。予測客数を全店舗に配信して店舗での客数予測と入力作業をなくし、自動発注数の精度向上とレジシフトの最適化を実現。月間客数予測精度は95%以上を維持する。従来は店舗の管理職が前年実績や経験に基づく来店客数を発注システムとレジのシフト管理システムにそれぞれ入力していた。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ユーザビリティテスト
ユーザビリティテストとは、Webサイトやアプリなどのユーザビリティ上の問題点を見 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]