Z世代は売る前提で買っている? 約2人に1人が「自らの持ち物は現金化しやすい」と回答【メルカリ調べ】

Z世代は「消耗品であっても資産としてみる」傾向が強い?

メルカリは、「世代別の消費行動・資産認識」に関する調査を実施した。18歳から69歳の1,030名を対象に、フリマアプリの利用傾向や資産認識などを調べている。

フリマアプリ利用率は56.6%、若い世代ほど高い傾向

フリマアプリ利用率

まず、フリマアプリの利用経験について聞くと、全体では合計56.6%が「フリマアプリを利用したことがある」と回答した。世代別で見ると、Z世代は64.1%、ミレニアル世代は60.2%、バブル世代は51.6%と、若い年代ほど利用経験者が多い傾向だった。

新品購入時にリセールバリューを考えるか

新品購入時にリセールバリューを考えることがあるかを聞くと、よくある・たまにあるを合計して52.4%の人が「ある」と回答した。

※リセールバリュー:取得した資産を売却するときの価値。
フリマアプリに出品する理由(複数回答)

フリマアプリに出品する理由としては、全体では「使わなくなったので、欲しいと思う人に使ってもらいたいから」が1位に。一方で、Z世代は「売ったお金で欲しいモノを購入するため」「日々の生活費を補填するため」など売却益を目的とした回答が多かった。

Z世代が売る前提で買うのは「アパレル」「推し活関連商品」

自らの持ち物は現金化しやすいと思うか

自らの持ち物は手軽に売買ができ、現金化しやすいと思うかを聞くと、Z世代では合計で51.5%が「そう思う」と回答しており、バブル世代の約2.8倍となった。

保有しているモノを売れば欲しいモノが買えるという想定で、売る前に欲しいモノを購入することがあるか

持ち物を売る前提で、売る前に欲しいモノを購入することがあるかを聞くと、Z世代では合計42.7%が「ある」と回答し、他世代とは大きな差をつけた。

「売ってから買う」または「持ち物を売る想定で、売る前に買う」モノ(複数回答)

「売ってから買う」または「持ち物を売る想定で、売る前に買う」モノとしては、Z世代では「アパレル」と「推し活関連商品」が28.1%で同率1位となった。

保有・利用していることを想定した上で、資産としても認識できるモノ(複数回答)

資産としてみている保有物について、Z世代とそれ以外で比較すると、Z世代は特に「暗号資産」「アクセサリー」「靴・スニーカー」が他世代よりも多い傾向だった。

調査概要

  • 【調査時期】2023年7月11日~2023年7月12日
  • 【調査方法】インターネット調査/慶應義塾大学 商学部 山本 晶教授監修
  • 【調査対象】全国、18〜69歳、男女1,030名
  • 【留意事項】本リリースに記載されている各世代の年齢構成は以下のように定義。
    ・Z世代 18〜24歳(103名)
    ・ミレニアル世代 28歳〜43歳(327名)
    ・バブル世代 54〜58歳(97名)
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

サテライトサイト
衛星サイト。主にメインとなるサイトへのリンクを増やすために自分で作るサブサイトの ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]