ベーシックがメールマーケサポートのAIアシスタント「メール作成支援機能」β版を提供

BtoBマーケ「ferret One」で、「ChatGPT」を活用、AIが文面・タイトル作成や添削実施

ウェブマーケティング支援事業のベーシックは、同社のBtoB(企業間取引)マーケティングサービス「ferret One」で、メールマーケティング業務をサポートするAI(人工知能)アシスタント「メール作成支援機能」のオープンβ版の提供を5月30日に始めた、と同日発表した。米国オープンAIの生成AI「ChatGPT」を活用。メールマガジンの文面、タイトルの作成や添削をAIが行う。

BtoBマーケティングでメールマガジンを定期的に配信して成約率を高めようとする企業が増える中、メールマガジン業務に多くの時間を使いながらなかなか成果が出ないケースもあることから、メール作成支援機能を提供する。AIアシスタントには1000社以上の顧客支援で蓄積したノウハウを組み込み、BtoB企業の顧客向けメールマガジン作成に必要な各機能を盛り込んでいる。

①メール文面の作成②メールのタイトル案提供③メール文面の添削--の機能がある。①は、顧客との関係構築に適した文面の作成が依頼できる。BtoB企業のメールマーケティングにある9つのパターンのテンプレートを用意した。②は、事前に作成したメール文面の内容を考慮した10のタイトルを提案。③は誤字・脱字や文脈の整合性を指摘。添削後にテイストの調整も可能。

「メール作成支援機能」の概要
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

CPM
本来は、「広告が1000回表示されるごとに何円の費用がかかるか(かかったか)」を ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]