電通デジタルがSalesforceとSnowflake製品・サービスの統合支援専門チームを新設

総合的に支援する体制で顧客ニーズをタイムリーに捉える「リアルタイムCRM」推進

デジタルマーケティング事業の電通デジタルは、CRM(顧客管理)ソリューション事業の米国SalesforceのCRM製品・サービスと、データクラウド事業の米国Snowflakeが展開するビッグデータ蓄積・管理のデータプラットフォーム「Snowflake」の統合支援を行う専門チームを新設した、と5月30日発表した。顧客ニーズを瞬時に捉える「リアルタイムCRM」を推進する。

SalesforceとSnowflakeは、それぞれのプラットフォームに蓄積したデータをリアルタイムに共有できるよう連携を強化。顧客ニーズにタイムリーに対応したマーケティング施策が実行でき、高度にパーソナライズした体験の提供を可能にするリアルタイムCRMの考え方を提唱している。電通デジタルはリアルタイムCRMの一層の普及を見据えて専門チームを立ち上げた。

電通デジタルは、両社のプラットフォームでデータ活用支援のコンサルティングや統合ソリューションを提供してきた。専門チームは両プラットフォームを総合的にサポートする体制となり、製品・サービスの導入、データ分析・可視化、顧客プロファイルの作成、施策の実行支援といったデータ分析・活用ソリューションを一括提供し、リアルタイムCRMの実現を図る。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

NPS
顧客のロイヤルティを測る指標の1つ。単純な算出方法の指標だが、近年重要視されてい ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]