Yahoo! JAPAN研究所が世の中の気分(ムード)の浮き沈みを推定する「全国ムード指数」公開

検索キーワードからムードを推定するAI「検索気分モデル」を作成、ユーザーの傾向を把握

ヤフーは、同社で先進的なビッグデータ・AI(人工知能)技術の研究開発を行う組織、Yahoo! JAPAN研究所が、ユーザーの検索キーワードなどの情報を基に、世の中の気分(ムード)の浮き沈みを推定する「全国ムード指数」を6月28日に公開した、と同日発表した。機械学習によってユーザーの傾向が分かる。慶應義塾大学SFC研究所の大越匡・准教授(環境情報学部)と連携した。

全国ムード指数は「Yahoo!検索」の履歴から人々のムードを独自基準で推定した数値。機械学習を使い、検索キーワードからムードを推定するAI「検索気分モデル」を作成した。モニターの同意のうえで取得した検索データ、センサーデータ、調査アンケートデータを踏まえている。一般への公開はしていなかったが、AIやデータ活用の技術を知ってもらうことを目的に公開した。

全国ムード指数は週単位で公開する。検索気分モデルで分析すると、ユーザーのムードと特定の検索キーワードに関係性があり、「土日はムードが高くなり、月曜はムードが低くなる」「新型コロナによる緊急事態宣言が発令されるとムードが低くなる」「新型コロナに関して、第1波、第2波と時間が経過するにつれてムードの低下具合が緩和されている」ことなどが分かった。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

HCD
「Human-Centred Design」(人間中心設計)の略称。機械やシステ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]