OKIがAIを使った「提案型注文システム」の実証実験を「サブウェイ」渋谷桜丘店で開始

興味・関心が高そうなメニューを提案する機能の有効性を検証、接客業務の効率化も調査
よろしければこちらもご覧ください

沖電気工業(OKI)は、自社の「AI(人工知能)を用いた感情推定技術(感情AI技術)」を使った「提案型注文システム」の実証実験をサンドイッチチェーン「サブウェイ」の渋谷桜丘店(東京都渋谷区)で8月2日に始めた、と同日発表した。サブウェイを展開する日本サブウェイと実施。興味・関心が高そうなメニューを提案する機能の有効性を調べる。

OKIの提案型注文システムは、感情AI技術の1つ「興味・関心推定技術」を使い、セルフ注文端末のカメラからの表情データと、視線センサーからの視線データに基づき、独自アルゴリズムで推奨メニューを提案する仕組み。メニュー選択の迷いを解消するほか、注文方法が分からない焦りの緩和、注文時間短縮に伴う接客業務の効率化が可能になる。

提案型注文システムの構成

実証実験では、スムーズな注文による店舗スタッフの生産性向上、ストレス軽減や、ウイズコロナ時代で必要とされる非対面・非接触操作での注文の有用性も調べる。実験に同意した来店者に実際に注文をしてもらい、使用感をアンケートで収集。安心して注文できるかや、1人あたりの接客対応時間の短縮などについて検証する。実験は6日まで。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CRO
Conversion Rate Optimizationの略。来訪した訪問者のコ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]