「LINE公式アカウント」「LINE広告」の知識・スキルが学べる「LINEキャンパス」開設

LINE、レベルや目的に応じて細分化した全27コース・90を超えるレッスンから選択が可能

LINEは、企業・店舗向けアカウント「LINE公式アカウント」、運用型広告配信プラットフォーム「LINE広告」の利用者向けに、運用に必要な知識・スキルが習得できる総合学習プラットフォーム「LINEキャンパス」を開設した、と2月24日発表した。レベルや目的に応じて細分化した全27コース、90を超えるレッスンから選択できる。

LINEキャンパスには、LINE公式アカウントの開設やLINE広告への出稿を始めたばかりだったり、アカウントを開設して運用・出稿していてより深い知識・スキルを身に着けたかったりする層が対象の「学習」と、代理店や企業のマーケティング担当者などLINEが認める知識水準を証明したい人に向けた「資格認定」が用意されている。

セルフラーニングできる「LINEキャンパス」

オンラインレッスンのため都合のいいタイミングで学習が可能。LINE公式アカウントを開設していたり、LINE広告に出稿しているか出稿を検討していたりすると無料で受講でき、効果の最大化につなげられる。アカウント開設企業・店舗が増える中、運用や行いたいことの実現方法が分からないという声があがっていることに応えた。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

GRP
テレビCMにおいて、広告出稿回数ごとの視聴率を足した数値。 放送局が定めた ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]