ニールセンとThe Trade Deskがデータ測定でパートナーシップ、IDソリューションを強化

The Trade Deskがニールセンの広告測定に視聴者属性情報を提供、データの精緻化を支援

マーケティング調査・データ分析事業の米国Nielsen Holdings(ニールセン)は、デジタル広告技術事業の米国The Trade Deskと、戦略的データ測定パートナーシップを結んだ、と2月18日発表した。オープンインターネット測定でのIDソリューションの強化が目的。The Trade Deskがニールセンの広告測定に視聴者属性情報を提供し、データの精緻化をサポートする。

The Trade Deskによる視聴者属性情報の提供は、フランス、イタリア、英国を皮切りに、4月1日には日本、豪州、ドイツで導入を始める。その後アジア、欧州市場、カナダ、メキシコで順次開始する。ニールセンは、この視聴者属性情報データを同社のデジタル広告測定用IDシステム「ニールセン・アイデンティティ・システム(ニールセンIDシステム)」に統合する。

統合によってニールセンは、デジタル広告測定でインプレッションと数百万台の機器を「人」がベースの属性情報で結び付け、広範囲で正確な広告測定を提供。広告主やパブリッシャーは、モバイルとパソコンで視聴者属性を適切に割り当てられ、重複を除いた状態でのデジタル広告表示が分かり、ニールセンのデジタル広告視聴率が信頼して利用できるようになる。

※2022-02-21 記事初出時点で、タイトルにおいて社名を誤って記載していました。すでに修正済みです。関係者各位にはご迷惑をおかけして申し訳ございません。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アクセシビリティ
広義には、障害者、高齢者を含むすべての人間が、同じレベルでサービスや機器、施設を ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]