freeeが法人・個人事業主向けEC「Amazonビジネス」の購買明細APIと公式連携を開始

勘定科目の設定や税率の確認が容易に、「自動で経理機能」の活用で経理の自動化を実現

クラウド会計ソフトのfreee(フリー)は、Amazonが提供する法人・個人事業主向けEC「Amazonビジネス」の購買明細APIとの連携を開始した、と1月24日に発表した。「freee会計」との連携アプリケーションの機能をアップデートした。Amazonビジネスの購買明細APIとの公式連携によって経理の自動化が可能となる。

 

Amazonビジネスとfreee会計が購買明細APIで連携することで、セキュアで速く安定して同期し、商品単位で明細連携できる。商品ごとに明細が作成されるので、勘定科目や税率の設定が簡単になり、freee会計の「自動で経理機能」を活用して自動化・業務効率化が実現する。freeeによるとAmazonビジネスとの購買明細API連携は日本で初めて。

従来の連携手段では、1回の注文で複数品目を購入した場合に勘定科目や消費税率を商品別で設定できず、自動で同期した明細を注文した商品ごとに分けて勘定科目を設定する手作業が必要だった。Amazonビジネス上でユーザーが設定したグループ単位での同期もできるので、部門や取引先単位での購入履歴の取り込みもできる。

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

スローアウェイドメイン
使い捨てる(throwaway)ことを前提に取得されたドメイン名。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]