freeeが自らスモールビジネスの書店経営に参入、東京・蔵前に「透明書店」を4月開店

デジタル化の余地が大きい書店運営の失敗談や成功体験をnoteで“明け透け”に公開

会計・人事労務ソフト開発のfreeeは、子会社の透明書店を設立して書店経営を始める、と3月9日に発表した。4月下旬をめどに東京都台東区の蔵前に店舗「透明書店」を出店する。子会社を通じて実店舗の書店を経営し、freeeの社員がバックオフィス業務を実際に経験することでスモールビジネスの実情とユーザーを理解する。得られた体験を自社サービスに反映し、失敗談や成功体験などの“明け透けな”情報を伝えていく。

子会社設立から開店、開店後の透明な情報をfreee公式noteで伝える。月々の売上など経営状況から「従業員を増やした」「備品の経費が足りない」「棚の向きを変えた」などの日々の施策や出来事を包み隠さず伝える。テクノロジーの実験場として未発表のfreeeのサービスや、チャットボット(自動応答システム)「ChatGPT」などAI(人工知能)技術も活用し、書店運営のデジタル化がどのような変化を生み出すかを発信する。

書店の減少が世界的に危惧されてきたが、米国では独立書店の業界団体に加盟する書店が増え、過去2年間に300超える独立系書店が新たに生まれたという。国内でも過去5年間に独立系書店の出店数が増加している。その一方で書店はいまだに紙やFAXで業務が行われておりデジタル化の余地が大きい。テクノロジーを駆使して業務を改善し、業務改善で生まれた時間でより注力すべき業務に取り組むことで業界発展の可能性を広げていく。

「透明書店」イメージ
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

エスノグラフィックリサーチ
民族誌学的アプローチによる調査のこと。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]