博報堂とワークスモバイルジャパンが営業DXを加速する「Marsys Sales Tech」を開発

「Salesforce」「LINE WORKS」「LINE公式アカウント」を連携したデジタル接客機能を装備

博報堂と、通信アプリ「LINE」のビジネス版「LINE WORKS」を提供するワークスモバイルジャパンは、営業担当者やオペレーターの業務効率化とカスタマーエクスペリエンス(CX)の向上を同時に実現する「Marsys Sales Tech(マーシス・セールステック)」を開発した、と2月7日に発表した。CRM(顧客関係管理)の「Salesforce」で、LINE WORKSとLINE公式アカウントを統合してマーケティングとセールス、カスタマーサービスを行う。

「Marsys Sales Tech」サービス全体像

Marsys Sales Techは、「Salesforce Sales Cloud」と「Salesforce Marketing Cloud」に、LINE公式アカウントとLINE WORKSの各サービスを連携して利用する。名寄せ機能▽営業担当者のLINE WORKSアカウントに顧客紹介する送客機能▽営業担当者のLINE WORKSから顧客のLINEへ一斉配信する追客機能▽AIによるリコメンド(営業支援)▽ビデオ通話機能――などのデジタル営業活動を支援する機能が装備されている。

Salesforceの連携機能の知見を生かして柔軟なカスタマイズサービスを提供する。企業のDX(デジタル変革)を推進する博報堂の戦略組織「HAKUHODO DX_UNITED」が、認知・興味・検討からCRMまで一気通貫のマーケティングDXを実践して、システム導入後の活用まで支援する。企業はマーケティング上の顧客データ▽LINE公式アカウント▽LINE WORKSでのコミュニケーション情報をSalesforceに集約して一元管理できる。

「Marsys Sales Tech」利用時の顧客のディスプレイ(商談中イメージ)
「Marsys Sales Tech」一斉配信利用時のディスプレイ
「Marsys Sales Tech」利用時の営業担当者のディスプレイ(商談中イメージ)
「Marsys Sales Tech」利用時の営業担当者のディスプレイ(商談詳細管理画面イメージ)
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

robots.txt
ロボット型の検索エンジンが自分のページを登録しないようにするためにサイト管理者が ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]