JINSがアクセンチュアのAIを活用した経験則だけに頼らない未来予測型経営システム導入

グローバル展開見据えた需給コントロール改革、商品欠品や過剰在庫による商品ロス削減

眼鏡専門店「JINS」を展開するジンズは、総合コンサルティング事業のアクセンチュアが提供するAI(人工知能)を活用した経営判断支援ソリューション「AI Powered Management Cockpit」を導入して本格運用を始めた、と2月7日発表した。商品欠品で顧客の要望に応えられなかったり、過剰在庫で商品廃棄が発生したりする状況を改善するために導入し、将来的な海外事業での活用も視野に入れている。

「AI Powered Management Cockpit」活用イメージ図

 

経営目標や管理指標に対する進捗(しんちょく)状況を一覧表示。未達見通しの場合はアラートを出して、達成に向けた対応策をAIが複数提示し、対応策を講じた場合の効果もシミュレーションされる。1年強にわたる試験運用の結果、欠品による販売ロス(売り逃し)を2019年比で約65%削減し、廃棄ロスの約10%削減を確認した。AIと人による経験則を融合し、検証結果も反映してカスタマイズした独自システムの本格運用を開始した。

小ロットでバリエーションに富む商品展開のJINSは需要予測がしづらく、メガネの商品特性で使用年数が長く買い替え予測の精緻化が困難だった。業務担当者の知見や経験則の体系化でこれまで対応してきたが、追加生産が間に合わない欠品や過剰在庫の発生を完全に防げなかった。このため今後のグローバル展開も見据えて、生産・販売・在庫を同時に計画するPSIの策定ができる需給コントロール改革に2020年から着手していた。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ファーストビュー
ブラウザーでWebサイトを表示したときにスクロールせずに最初に見える範囲。閲覧者 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]