LINEがショート動画を楽しむプラットフォーム「LINE VOOM」をAndroidで提供開始

LINEアプリ内「VOOM」画面で好みの動画を自動レコメンド表示、クリエイター支援も展開
よろしければこちらもご覧ください

LINEは、通信アプリ「LINE」内で動画プラットフォーム「LINE VOOM」をAndroid版で提供を始めた、と11月25日に発表した。動画需要の高まりを受けて、家族や友だちなど近しい人同士で活動を投稿し合う「タイムライン」を一新して動画プラットフォーム「LINE VOOM」として提供する。スキマ時間に気軽に自分の動画を投稿したり、さまざまなジャンルのショート動画を視聴したりできる。iOS版は近日公開予定。

スキマ時間にショート動画をのぞき見!「LINE」アプリ内に動画プラットフォームが登場

サービス名のVOOMは「Video Room」「Visual Room」「Boom」を掛け合わせた造語。気軽に動画を楽しみ、新たなトレンドやブームを生み出す意味を込めた。気に入った動画にリアクションやコメントを送ったり、そのままLINE上で友だちにシェアしたりできる。コメディや動画版ブログのVlog、ペット、音を楽しむASMR、ダンス、レシピなど多岐に渡るジャンルの動画コンテンツが集まる。

視聴傾向から好みを探知し、“見たい”が並んだ自分専用スペースに

VOOM画面内の「おすすめ」に関心が高いジャンルや人気の動画がレコメンド表示される。視聴傾向に基づいてパーソナライズされ、見れば見るほどに好みの動画コンテンツが表示される。今後は「LINEマンガ」や「LINE MUSIC」など各サービスと連携した動画コンテンツも展開。資格条件を満たしたLINE公式アカウントが広告収入を得られる収益化プログラム「LINE VOOM CREATORS」でクリエイターをフォローアップしていく。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

Googleウェブマスターツール
同義語 の「Google Webmaster Central」を参照 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]