定額制動画配信ランキング、「満足度」でネトフリやアマプラをいきなり上回った1位は!?【オリコン調べ】

4年連続1位だった「Netflix」を上回り、2020年開始の新サービスが新しく1位に。
よろしければこちらもご覧ください

オリコンは、「定額制動画配信」に関する満足度調査の結果を発表した。2017年の調査開始以来、今回で5回目の調査となる。今回の調査対象企業・サービスは24社で、全国の18~84歳の男女8,413人が回答している。自身のアカウントで現在2ヶ月以上継続登録し利用しているユーザーが対象。

・関連記事

新1位は女性層・10~20代で人気急上昇、ネトフリは「オリジナルコンテンツ」が高評価

この調査では「手続きのしやすさ」「アプリ・サイトの使いやすさ」「動画の見やすさ」「コンテンツの充実さ」「コストパフォーマンス」という項目を基準に、「定額制動画配信」サービスの満足度をユーザーに質問している。

今回は上位1位~7位が、満足度73%~79%にひしめく混戦とだったが、これまで4年連続1位だった「Netflix(ネトフリ)」を上回り、「Disney+」が、初の総合1位を獲得した。評価項目では「アプリ・サイトの使いやすさ」「コンテンツの充実さ」「コストパフォーマンス」の3項目で1位だった。なお前年「Disney+」は、サービス開始直後でランク規定数に満たなかったため圏外扱いだった。

Disney+の利用回答者に「2021年に観た最も好きな配信作品」を聞くと、『ロキ』『アナと雪の女王』『アベンジャーズ』『ワンダビジョン』など、独自配信のマーベル作品を中心にタイトル名があがった。

項目別・男女別・年代別・ジャンル別のランキングを見ると、2位の「Netflix」も引き続き健闘しており、評価項目では「手続きのしやすさ」「動画の見やすさ」は1位となっている。また「男性」や「30~60代以上」など、幅広い層で1位を獲得している。今回は女性層・10~20代で急上昇した人気に押された形だ。

また映画のジャンル別は、さらに各サービスの特徴でランキングトップが分かれているが、Netflixは「洋画」「海外ドラマ」「韓国ドラマ」「ドキュメンタリー」「オリジナルコンテンツ」など、全17部門中10部門で1位を獲得している。特に「オリジナルコンテンツ」が高評価だ。

なお「定額制動画配信」サービスそのものの利用頻度について聞くと、「昨年より利用頻度が増えた」(増えた+やや増えたの合計)は46.4%だった。

また「劇場公開と同時配信作品の利用意向」は全体の半数以上が示しており、Disney+利用者に「劇場公開と同時配信作品の視聴経験」を聞くと、「別途料金を支払って視聴したことがある」と回答した人は33.4%だった。

調査概要

  • 【調査対象】全国の18~84歳の男女で、自身のアカウントで現在2ヶ月以上継続登録し利用しているユーザー
  • 【調査対象企業】
    (1)料金体系として、サブスクリプション方式を採用している
    (2)ユーザー投稿コンテンツを含んでいない
    (3)ストリーミング動画コンテンツを含んでいる
    (4)アダルトのみ、ギャンブルのみ、もしくはその両方のコンテンツのみを扱うサービスでない
  • 【調査時期】2021年7月9日~14日
  • 【サンプル数】8,413人
  • 【調査対象企業・サービス】24社
よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

Google Webmaster Central
自分のサイトをGoogleに登録するための管理ツール。 検索エンジンのクロ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]