スマートフォン視聴率のユーザー行動をベースにしたオーディエンスセグメントを提供開始

ニールセンデジタルなど、広告主や広告代理店は希望するオーディエンスにリーチが可能に
よろしければこちらもご覧ください

視聴行動分析サービス事業のニールセンデジタルとニールセンメディアジャパンは、スマートフォン視聴率「ニールセン モバイルネットビュー」のデータのユーザー行動をベースにしたオーディエンスセグメントの提供を日本で始める、と11月4日発表した。広告主や広告代理店は希望するオーディエンスにリーチできるようになる。

データ管理プラットフォーム事業の米国Lotameとの協業で展開し「ニールセンジャパンモバイルネットビューパワードバイLotameセグメント」と呼ぶ。動画視聴、SNS、オンラインショッピングなどモバイル行動に関する詳細なインサイトを提供する。実際のユーザーの行動データに基づく日本固有のオーディエンスセグメントが分かる。

特定のウェブサイトで買い物をする、特定アプリで動画を見る、モバイルで特定のサービスカテゴリーを利用する、などのオーディエンスがターゲティング可能。ニールセン モバイルネットビューパネルのユーザーのデモグラフィック(人口統計学的属性)に基づく世帯収入などのセグメントによって、ターゲット広告配信を実現する。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ジオターゲティング
IPアドレスなどから閲覧者の居住地を解析し、それを利用する技術。 居住地を ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]