ニールセンデジタルがデジタルコンテンツ視聴率に日本での「YouTube」コンテンツを追加

パソコンとモバイルの視聴状況を測定、日々の動画再生回数・滞在時間とリーチ指標を提供
よろしければこちらもご覧ください

視聴行動分析サービス事業のニールセンデジタルは、デジタルコンテンツ視聴率に日本での「YouTube」コンテンツの視聴状況測定を5月27日に加えた、と同日発表した。パソコンとモバイルプラットフォームが対象。広告主が動画コンテンツの総合的な測定を求めていることに応えた。

今回追加したYouTubeに関しては、日々の動画再生回数や滞在時間と併せて、毎月の重排除した視聴者数をはじめとしたリーチ指標を提供する。ニールセンデジタルは「YouTubeの視聴者を測定することは、完全なクロスメディアの測定を実現するための重要なステップ」としている。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CRO
Conversion Rate Optimizationの略。来訪した訪問者のコ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]