ニールセンが「デジタル広告視聴率」に性年齢別のビューアビリティ測定機能を追加

ディスプレイ・動画広告でキャンペーン効果のより詳細な分析・最適化や評価が可能

リサーチのニールセンは、同社のデジタル広告測定ソリューション「ニールセンデジタル広告視聴率」に、デモグラフィック属性(人口統計学的な属性データ)別のビューアビリティ(ユーザーが閲覧できる状態にあった広告表示)測定を可能にする機能を加えた、と8月1日発表した。利用顧客企業が採用しているビューアビリティ測定ツールを使用することで、ディスプレイ広告や動画広告で視聴者の性別や年齢別の測定ができるようになる。

これによって、デジタル広告キャンペーン効果のより詳細な分析、最適化や評価を可能にした。今後のキャンペーンプランニングに役立てられる。複数の統合ビューアビリティ測定プロバイダーのツールをサポートしている。デジタル広告キャンペーンの効果測定で広告配信数を意味する配信インプレッションより、視聴者が広告を閲覧できる状態にあったビューアブルインプレッションを採用する動きが顕著になっていることに対応した。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

勝手広告
企業広告を消費者や第三者が勝手に作って公開する自主制作の広告。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]