ロックオンがマーケプラットフォーム「アドエビス」にデモグラフィック情報分析追加

ユーザー単位で広告接触・サイト来訪など行動履歴と年代・性別などをひも付けて分析
よろしければこちらもご覧ください

マーケティングロボット・プラットフォームのロックオンは、同社のマーケティングプラットフォーム「アドエビス」に、デモグラフィック(人口統計学的属性)=年代・性別・地域=情報を分析する機能を追加する、と11月21日発表した。12月5日ごろに提供を始める。ユーザー単位で広告接触・自然検索・サイト来訪といった行動履歴と、年代・性別・地域情報をひも付けて分析できるようになる。アドエビス利用者は無償で使える。

対象にするユーザーの性別・年代・趣味趣向や、行動履歴の参照、コンバージョン(最終成果)の有無を一括して分析。広告接触とデモグラフィック情報のレポートを使うと、将来顧客になる可能性があるユーザーに訴求できるメディアが正確に選定可能になり、サイト来訪とデモグラフィック情報のレポートだと、離脱するユーザーを想定してコンテンツが制作でき、より正確でスムーズなマーケティング活動の実施・検証を実現する。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

スローアウェイドメイン
使い捨てる(throwaway)ことを前提に取得されたドメイン名。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]