マーケプラットフォーム「アドエビス」に「コンテンツアトリビューション分析」追加

ロックオン、サイトコンテンツのコンバージョン貢献度を可視化、購買過程での役割報告
よろしければこちらもご覧ください

マーケティングロボット開発のロックオンは、同社が展開するマーケティングプラットフォーム「アドエビス」に、サイトコンテンツのコンバージョン(最終成果)貢献度を可視化する機能「コンテンツアトリビューション分析」を加えた、と10月23日発表した。サイトのコンテンツが購買過程でどのような役割を持つかを報告する。

コンテンツアトリビューション分析は、管理画面上で計測対象ページを指定すると、自社のコンテンツがどのような経路でどれだけコンバージョンに貢献したか可視化する。自然検索や広告も含む全てのユーザーの行動データが一覧で確認可能になり、コンバージョンまでの流れと全施策との相関関係の中でコンテンツが評価できる。

アドエビスの広告効果分析のノウハウを応用した。コンテンツの新しい評価手法としてマーケティング施策全体の最適化に活用が可能になるという。オウンドメディア(自社媒体)を使用したコンテンツマーケティングが注目される半面、売り上げへの貢献が分かりにくく、施策の効果検証に課題がある企業が多いことから、開発した。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

SCAT
社会調査などにおける質的調査データなどの分析手法の1つ。インタビューなどによって ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

data-sprite-position-y="250" data-image-original-width="200" data-image-original-height="125">株式会社ブレインパッド株式会社サイバーエージェント株式会社フレームワークスソフトウェア
[SPONSOR]
株式会社キノトロープ株式会社アイレップユーザーグラム富士通株式会社Sitecore株式会社ミツエーリンクス