講談社、凸版印刷、サイバー・コミュニケーションズがコンテンツデータ事業で合弁会社

新会社「コンテンツデータマーケティング」でコンテンツと生活者のデータ解析、収益化を展開
よろしければこちらもご覧ください

講談社と凸版印刷、インターネット広告事業のサイバー・コミュニケーションズ(CCI)はコンテンツ事業のDX(デジタル技術による業務変革)を推進する合弁会社「コンテンツデータマーケティング(CDM)」を設立した、と9月30日に発表した。コンテンツマーケティング▽メディアマネタイズ▽コンテンツデータソリューションの3事業を提供する。

メルマガ配信やSNSキャンペーン、アンケート調査、顧客サポートなどコンテンツを扱うすべての企業のマーケティング業務全般を支援する。出版社のノウハウを基に、独自のAI(人工知能)による自然言語解析技術でコンテンツデータと生活者データをIDで結び付けて解析し、レコメンデーション(推薦)やマッチングの精度を高める。

生活者からの利用許諾をあらかじめ得た情報をIDで連携し、個人情報を安全に管理して適切に運営する。メディア運営のノウハウとCDM独自の個別最適化ソリューションをフル活用して、インターネットメディアの収益化をサポートする。独自ソリューションはコンテンツ業界だけでなく一般企業のマーケティング活動にも広く提供する。

新会社は、講談社のメディア運営、凸版印刷のデジタルマーケティング遂行、CCIの広告・メディアグロースの知見を生かす。独自ソリューションには曖昧な「オタク性」セグメントで広告配信を最適化する「OTAKAD」や、コンテンツを理解して自動的にキーワードを返す「KMC」、LINEメッセージの配信先を最適化する「reCOMSBI」がある。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

トップレベルドメイン
インターネットのDNSで利用されるドメイン名のドット(.)以降に示される文字列。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]