DNPがデジタル屋外広告の視認数が計測可能な広告配信サービス「DNP BookAD DOOH」開始

携帯電話のネットワーク運用データやGPSのデータなどを活用して屋外広告の課題を解決
よろしければこちらもご覧ください

大日本印刷(DNP)は、デジタル屋外広告(DOOH)の視認数が計測可能な広告配信サービス「DNP BookAD DOOH」を9月に始める、と9月7日発表した。生活者の興味に合った情報と関連広告を配信する独自の広告配信プラットフォーム「DNP BookAD」のサービスを拡張し、インターネット広告と屋外広告を組み合わせたサービスを展開する。

DNP BookADは、DNPグループのハイブリッド型総合書店「honto」の購買履歴などに基づく配信プラットフォーム。ソニーグループで広告技術事業のSMNと連携して運営している。今回、SMNの広告配信サービスと連動してDNP BookAD DOOHを開始。ウェブ広告と比べてターゲットの絞り込みや効果測定が難しい屋外広告の課題を解決する。

NTTドコモの携帯電話ネットワーク運用データを基にした人口統計「モバイル空間統計」や、GPSのデータなどを活用し、各ディスプレーで時間帯ごとの広告視聴推定到達数を計測する。広告主は、ターゲットへの広告到達率が高い場所や時間が推定しやすくなる。従来の年月日の期間指定に加え、時間帯を指定した広告配信もできる。

さらに、天気、気温をはじめとした各種のデータとも連動し、状況に合わせた広告配信も可能。広告を表示するDOOH向けの複数のディスプレーは一元的に管理できる。DOOHはこれまで、企業のブランディング広告に利用されることが少なかったが、オンライン広告との連動によって効果的にブランド価値向上につなげられるという。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

ワイヤーサービス
プレスリリースを、メディアに配信し、さらにサービス事業者のWebサイトや提携メデ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]