AI活用の顧客体験最適化プラットフォーム「Dynamic Yield」が日本語で利用可能に

日本語化したダッシュボードで「Dynamic Yield」のパーソナライズしたCX施策を運用
よろしければこちらもご覧ください

AI(人工知能)を活用したパーソナライゼーションプラットフォームを開発・販売する米国Dynamic Yield(ダイナミックイールド)は、日本向けにローカライズしたエクスペリエンス最適化プラットフォーム「Dynamic Yield」の提供を始めた、と8月18日に発表した。マーケティング支援のすべての機能が日本語のダッシュボードで利用できる。

Dynamic Yieldは、ウェブ、アプリ、メール、キオスク端末、コールセンターなどのさまざまな接点で顧客に応じてカスタマイズしたコンテンツを出し分け、最適な顧客体験(CX)を提供する。レコメンデーション(推奨)やターゲティング、トリガーなどの機能をマーケターが日本語化したダッシュボードで操作できるので、利便性や効率性が高まった。

Dynamic Yieldはこれまで電通デジタルなどパートナーを通じてプラットフォームを提供。アパレルの「エディー・バウアー・ジャパン」や「ストライプインターナショナル」、通販の「ジャパネットたかた」が利用している。世界300社以上のグローバル企業で、パーソナライズキャンペーンやABテスト、採用活動などに活用されている。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

metaタグ
HTML文書のhead要素に配置されるタグで、ページを記述している言語や文字エン ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]