「Instagram」で飲食店のスタンプから料理を注文できる新機能を日本でも提供開始

新型コロナウイルスの影響を受けた飲食店向けに米国とカナダでFacebookが先行導入していた

「Instagram(インスタグラム)」を運営する米国Facebookの日本法人、フェイスブックジャパンは、飲食店のスタンプやアクションボタンから料理を注文できる機能を日本でも導入する、と4月27日に発表した。外出自粛や営業時間短縮など新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けた店の支援策として、米国とカナダで4月中旬に先行導入されていた。

飲食店は「料理を注文」スタンプを「Instagramストーリーズ」で投稿したり、プロフィールにアクションボタンを追加したりできる。スタンプやアクションボタンをタップすると、飲食店側で設定したプラットフォームのページが表示されて注文が完了する。ストーリーズ投稿右下の紙飛行機アイコンから「料理を注文」スタンプをシェアできる。

Instagramの「ビジネスプロフィール」を利用するビジネスアカウントで、フェイスブックの国内パートナーのUber Eatsの加盟店なら、スタンプ利用やアクションボタンの設定は無料。Instagramアカウントの開設とビジネスアカウントの設定も無料。デリバリー開始などの店舗情報の発信と料理の注文がInstagram上でスムーズに完結する。

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

O2O
O2Oは「Online to Offline」の略で「On2Off」と表現される ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]