ラクスとWACUL、メールマーケの勝ちパターンを共同研究開始

両社が持つ強みを生かすことで、共同研究へ着手
岩佐 義人(Web担 編集部) 2019/12/11 8:37

クラウドサービスのラクスは、WebマーケティングのWACULの社内研究所「WACULテクノロジー&マーケティングラボ」と共同でメールマーケティングの効果を最大化する「勝ちパターン」の解明にむけて、共同研究を開始した、と12月9日発表した。

両社が持つ強みを生かすことで、多くの企業がメールマーケティングをより効果的に実践可能になるであろうと考え、両社合意のもと共同研究へ着手することになった。

WACULはアクセス解析データを中心として、Webマーケティングの改善提案ツール「AIアナリスト」を3万サイトに提供し、マーケティングの改善成果を蓄積してきた。ラクスが提供するメールマーケティングサービス「配配メール」は導入企業からのフィードバックやコンサルティングを通してこれまで実践的なメールマーケティングについての知見を深めてきた。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

フォーカスグループ
マーケティング調査手法の1つ。 市場セグメントを代表する人を会議室などに複 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]