DGと大和証券グループのベンチャーキャピタルがスタートアップ向け投資ファンド組成

「ブロックチェーン」「AI」「VR/AR」「セキュリティ」「バイオヘルス」が投資対象
よろしければこちらもご覧ください

インターネット関連事業のデジタルガレージ(DG)と、大和証券グループ本社が設立したベンチャーキャピタルのDG Daiwa Venturesは、次世代技術を保有する世界のスタートアップ企業向け投資ファンド「DG Lab Fund II E.L.P. Cayman(DG Lab2号ファンド)」を組成した、と8月30日発表した。国内外の企業に投資する。

DG Lab2号ファンドは、オープンイノベーション型(組織外の知識や技術を取り込む仕組み)の研究開発組織「DG Lab」と連携。DG Labが研究開発を推進している「ブロックチェーン(分散型ネットワーク)」「AI(人工知能)」「VR(仮想現実)/AR(拡張現実)」「セキュリティ」「バイオヘルス」の分野を投資の対象にする。

DG LabはDG、カカクコム、クレディセゾン、KDDIが共同で運営し、大和証券グループ本社などが協賛パートナーになっている。DG Lab2号ファンドへはカカクコム、KDDIのほか三井住友信託銀行、損害保険ジャパン日本興亜などの出資参画が確定し、100億円を超える第1次募集が完了。2020年3月までに200億円を目指す。



よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

インバウンドリンク
外部のサイトなどから自分のサイト内のページへのリンクのこと。“被リンク”とも呼ば ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]