KCCSが類似性の高い推奨記事や商品を配信する「とりもち」のクロスレコメンド機能強化

HTMLメールに関連コンテンツ配信、「YouTube」チャンネル内の動画も関連コンテンツに
よろしければこちらもご覧ください

情報・通信システム事業の京セラコミュニケーションシステム(KCCS)は、同社のコンテンツマッチングサービス「とりもち」のクロスレコメンド機能を強化した、と8月27日発表した。ウェブコンテンツを有効活用し、さまざまなウェブやアプリに推奨コンテンツを配信する。複数のウェブサイトやアプリ間の回遊性を高められる。

とりもちは、ウェブサイトで閲覧している記事や商品などのコンテンツと類似性が高い推奨記事や商品を自動配信するサービス。独自のテキスト解析技術でひも付け、ユーザーログ、辞書作成、カテゴリ設定の必要がない。ウェブマガジンと商品を提供するECサイトなど複数のウェブサイトを横断して関連コンテンツが配信できる。

今回の機能強化によって、HTMLメールにも商品の関連コンテンツの配信を可能にしたほか、自社の「YouTube」チャンネル内の動画や、アフィリエイト商材のリンクも、関連コンテンツとしてウェブサイトやアプリなどに配信できるようにした。これによって、YouTubeコンテンツやアフィリエイト商材への送客にも有効になる。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

JPRS
株式会社日本レジストリサービス(Japan Registry Services) ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]