テレビ視聴・コンバージョンユーザーを分析、効率的な曜日・時間帯や番組抽出

デジタルインテリジェンスが日本テレビのCM商品「Advance Spot Sales」を販売
よろしければこちらもご覧ください

デジタルマーケティング・コンサルティングのデジタルインテリジェンス(DI)は、日本テレビのCM商品「Advance Spot Sales(アドバンススポットセールス)=ASS」を販売する、と4月25日発表した。テレビを視聴し、サイトでコンバージョン(最終成果)したユーザーをDMP(データマネジメントプラットフォーム)で分析する。

ASSは、日本テレビのスポット枠に設定されたCM枠をさまざまなテレビ視聴データを基に、15秒1本単位で購入できるCM商品。広告主は、自社のキャンペーンに合わせて放送日時や番組、秒数、金額など必要なだけを購入できる。DIのプランニングは、DMPの分析で効率的な曜日・時間帯や番組を抽出する手法を特長とする。

 

例えば、コンバージョンユーザーがテレビCMを見たタイミングを示したイメージ図を見ると、平日昼のCM接触や、火、金曜の夜に番組を視聴する際にCMに接触していることが分かる。この結果から平日昼や火、金曜の夜の番組でテレビCMを流すことで好結果が得られると考えられ、多くのコンバージョンの獲得が可能になる。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

死活監視
Webサイト(Webサーバー)やシステムが動作しているかどうか、別のシステムから ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]