DNPがバーチャル店舗向けに実店舗で接客するようなユーザーインターフェースの提供開始

三菱UFJモルガン・スタンレー証券が採用、顧客の投資相談に「フィンシェルジュ」が接客
よろしければこちらもご覧ください

大日本印刷(DNP)は、ウェブサイトでバーチャル店舗を展開する企業向けに実店舗で対面接客するようなユーザーインターフェースを開発して提供するサービスを始めた、と11月19日発表した。コンテンツ管理システム(CMS)とユーザーに優しい表現手法のノウハウを組み合わせた。連動したデジタルマーケティング支援も行う。

このサービスは、実店舗やウェブサイトでの顧客体験の実態調査を基にバーチャル店舗でのユーザーインターフェースやユーザー体験の課題を抽出。コンセプト設計、画面デザイン、顧客導線づくりを提供する。CMSには、動的なコンテンツの配信・管理に優れ、デジタルマーケティングに必要な機能があるシステムを採用した。

 

三菱UFJモルガン・スタンレー証券が、このサービスを使ったバーチャル支店「MUFGテラスサイト」を同日開設。顧客が投資相談すると、バーチャル担当者「フィンシェルジュ」が実店舗で答えるように接客する。人工知能(AI)が回答する無人チャットでの株価情報や、専門家による有人チャットの投資相談などでスタートした。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アドワーズ
グーグルが提供する、検索連動型広告/コンテンツ連動型広告に出稿できる、キーワード ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]