ソーシャルログイン・ID連携「ソーシャルPLUS」がマーケプラットフォーム「b→dash」と連携

顧客関連データと「LINE」ユーザーデータひも付け、顧客との効果的なコミュニケーション実現

データフィード・デジタル広告関連事業のフィードフォースは、同社のソーシャルログイン・ID連携サービス「ソーシャルPLUS」と、マーケティング技術開発を行うフロムスクラッチのマーケティングプラットフォーム「b→dash」が連携を始めた、と11月20日発表した。「LINE」を通じた顧客との効果的なコミュニケーションが可能になる。

b→dashは、企業が保有する各種データの統合・活用やデータ取得・分析機能を網羅するマーケティングソリューション。ソーシャルPLUSのデータを連携することで、b→dash上で収集したデータやb→dashに連携した顧客関連データと、LINEのユーザーデータがひも付けられ、LINEを活用した顧客との1対1のコミュニケーションが実現できる。

企業はソーシャルPULSで保有する顧客のIDとLINEアカウントをひも付け、その情報をb→dashと連携する。b→dashはウェブやモバイルアプリの行動ログ、メールの配信ログ、顧客の属性・購買やアンケート情報を統合保有しているため、それらのデータを生かして抽出した細かなセグメントに対し、LINEを使ってアプローチできるようになる。

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

UGC
同義語 の「CGM」を参照 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]