アイスリーデザインがUI/UX改善ツールの「flamingo」にMFI対応に向けた機能を追加

モバイル検索を主とした方式のGoogleのモバイル ファースト インデックスに対応

モバイルのUX/UIを改善するクラウドサービスを提供するアイスリーデザインは、WebサイトのUI/UX改善ツール「flamingo(フラミンゴ)」を、メジャーバージョンアップした、と8月1日発表した。バージョンアップは、Googleのモバイル ファースト インデックス(MFI=モバイル検索を主とした方式)に対応したものとなる。

メジャーバージョンアップでは、flamingoの豊富な機能を、企業のWeb担当者やSEOコンサルティング会社が、既存のWebサイトのUI/UXを考慮した部分改修や、モバイル ファースト インデックスを考慮したSEO対策の内部施策に必要なメタタグの改修を、管理画面からより容易に実施できるようにする。

flamingoを導入する企業は、サイト改善施策の設定からリリースまでflamingo上ですべて完結する「UI・SEO・パフォーマンス改善」、パソコン用ページをモバイル用ページに変換する「モバイルフレンドリー対応」、モバイルサイトに記述すべきコンテンツ・構造化データ・メタデータを、パソコンサイトから流用できる「モバイルファーストインデックス対応」などのメリットがある。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ICANN
1998年に設立されたインターネットのIPアドレスやドメイン名などのリソースを管 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]