朝日広告社がマーケティングデータを統合して可視化する「ON AIR Analytics」を開始

売り上げ・POS・来店客数とオンライン行動やテレビCMのデータを連携して一元管理
よろしければこちらもご覧ください

朝日新聞社系広告代理店の朝日広告社は、企業のさまざまなマーケティングデータを統合して可視化するクラウド型のマーケティング管理プラットフォーム「ON AIR Analytics(オン・エアー・アナリティクス)」の展開を始める、と7月11日発表した。各種のデータを一元管理することでリアルタイムに企業内で共有でき、キャンペーン後の効果測定作業を軽減する。IoT(モノのインターネット)のデータの取り込みも可能。

企業内で管理する売り上げ、POS(販売時点情報管理)データ、来店客数などのデータと、生活者のオンライン上の行動、テレビCMのデータを連携させる。テレビCMの放映時間とオンラインの検索数、SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)反応数の統合分析での効果測定をはじめ、POSデータも取り込んで売り上げに対するテレビCMの貢献度が測定・評価できる。新聞広告や交通広告も掲載日を起点に応用が可能になる。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

リアルタイム検索
Webに公開されたコンテンツが、すぐに検索できるようになる仕組み。 または ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]