米国Facebookがメッセージ機能「Facebook Messenger」の広告β版を世界で提供開始

8月にかけて世界中の広告主にMessenger広告を順次公開、同月末には広告表示を開始
よろしければこちらもご覧ください

米国Facebookは、メッセージ機能「Facebook Messenger」の広告β版を世界各国・地域で提供を始める、と7月11日発表した。8月にかけて世界中の広告主にMessenger広告を順次公開し、同月末に一部利用者のMessengerアプリのホームタブへの広告表示が始まる。

オーストラリアとタイで実施したテストの結果が良好だったため、地域を広げた。Messengerの広告は企業が既存顧客や潜在顧客とつながる新しい手段になる。Messengerは毎月12億人以上が利用しているといい、マーケティングキャンペーンでのリーチを広げられる。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

勝手広告
企業広告を消費者や第三者が勝手に作って公開する自主制作の広告。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]