米国Facebookがメッセージ機能「Facebook Messenger」の広告β版を世界で提供開始

8月にかけて世界中の広告主にMessenger広告を順次公開、同月末には広告表示を開始

米国Facebookは、メッセージ機能「Facebook Messenger」の広告β版を世界各国・地域で提供を始める、と7月11日発表した。8月にかけて世界中の広告主にMessenger広告を順次公開し、同月末に一部利用者のMessengerアプリのホームタブへの広告表示が始まる。

オーストラリアとタイで実施したテストの結果が良好だったため、地域を広げた。Messengerの広告は企業が既存顧客や潜在顧客とつながる新しい手段になる。Messengerは毎月12億人以上が利用しているといい、マーケティングキャンペーンでのリーチを広げられる。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ユーザビリティテスト
ユーザビリティテストとは、Webサイトやアプリなどのユーザビリティ上の問題点を見 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]