Kaizen Platformと電通・電通デジタルが業務提携、Facebook動画広告の制作運用改善「P動CA」提供

Facebook動画広告制作と運用を改善し、広告のパフォーマンスを最大化
よろしければこちらもご覧ください

Webのユーザーインターフェースを改善するKaizen Platformと電通、電通デジタルは、「Facebook」動画広告のクリエイティブで業務提携し、動画広告のクリエイティブ改善ソリューション「P動CA」の提供を6月22日開始した、と同日発表した。Facebookは、他のメディアに比べ、より精度の高いターゲティングが実現できるという利点がある一方、同じ広告を何度も表示することによる「Ad Fatigue(広告疲れ)」が問題となっている。P動CAはFacebook動画広告制作と運用を簡単・安価・スピーディーに改善し、広告のパフォーマンスを最大化する。

P動CAは、電通デジタルのデータ・AIとクリエイティブの融合を目指して設立した「アドバンストクリエーティブセンター」が設定した訴求軸に基づき、Kaizen Platformの認定クリエーターに動画広告の制作や改善を依頼すると、短期間でさまざまな広告クリエイティブを制作し、配信する仕組みを構築する。掲載中の各広告のパフォーマンスを速やかに分析し、効果の下がってきた広告クリエイティブをローテーションし、パフォーマンス向上に向けた対応を迅速に行うことができる。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

スローアウェイドメイン
使い捨てる(throwaway)ことを前提に取得されたドメイン名。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]