Kaizen PlatformとCandeeが協業、フルファネルの動画広告ソリューションをワンストップで提供

提供するソリューションで、分析結果を基に継続的なクリエイティブを改善

Webのユーザーインターフェースを改善するKaizen Platformと広告事業のCandeeは、協業して動画クリエイティブのPDCA運用を前提にした動画広告を制作・配信し、分析結果を基に継続的なクリエイティブ改善を行うソリューションを提供する、と11月21日発表した。認知から獲得までを網羅したフルファネル・マーケティング(ユーザーの購買行動プロセスごとに戦略的に広告施策を組み合わせたマーケティング)により、パフォーマンスを最大化する。

Candeeはライブ配信やモバイル動画を企画から制作・配信まで行っており、動画広告に関する知見と実績を持っている。Kaizen Platformは、データに基づきながら動画広告クリエイティブを改善する「Kaizen Ad」を提供しており、多くの動画広告クリエイティブに対してPDCAを運用してきた。両社の協業で提供するソリューションは、企画時から複数のクリエイティブ制作を想定しているため、動画クリエイティブのPDCA運用を前提とした動画制作が可能。“完パケ”の概念をなくした動画広告制作により、今までの課題を解決するだけでなく、認知から獲得までフルファネルでの動画マーケティングを実現する。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ビューアビリティ
ビューアビリティ インターネット広告が「閲覧者が見られる状態にあるか」の観 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]