ソネットのDSP「Logicad」、「DoubleClick Ad Exchange」のAMP対応ページで広告配信を高速化

HTMLをサーバー側でキャッシュし、モバイル端末からアクセスしたページの表示速度を短縮
岩佐 義人(Web担 編集部) 2017/11/22 12:26

インターネットマーケティング事業のソネット・メディア・ネットワークスは、同社のDSP「Logicad」で「DoubleClick Ad Exchange」 の AMP(Accelerated Mobile Pages)対応ページに向けた広告配信の高速化を開始した、と11月21日発表した。AMPは、Googleを中心とした複数の企業で進められている、モバイルページ表示の高速化を実現するプロジェクトです。AMP対応したページは、HTMLをあらかじめサーバー側でキャッシュすることで、モバイル端末からアクセスしたページの表示速度を短縮する。

今回のプロジェクトは、ユーザー体験の向上を目的としており、Googleの検索結果では2016年2月よりAMP対応ページの表示を開始している。今回の対応開始によりDoubleClick Ad ExchangeのAMP対応ページにおける広告配信の表示速度が従来よりも高速化する。ソネット・メディア・ネットワークスは、今後、具体的な効果について検証するとともに、効果検証結果を公開していく。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

NPS
顧客のロイヤルティを測る指標の1つ。単純な算出方法の指標だが、近年重要視されてい ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]