日本郵便がECサイトとシステム連携する配送「e発送サービス」提供、メルカリ、ヤフオク!などが導入

ECサイトでの出品から配送までが簡単で便利になり、ECサイトでの取引の利便性が向上
よろしければこちらもご覧ください

日本郵便は、フリーマーケットアプリやオークションサイトとのシステム連携による新サービス「e発送サービス」を6月20日に開始する、と6月19日発表した。フリーマーケットアプリやオークションサイトなどECサイトの個人間取引である「CtoC EC」は、スマホの普及や手軽に売買できることにより成長している一方、送り状への手書きの記載や発送時の配送料金の現金払いなどが出品する側の負担となっている。日本郵便は、ECサイトとシステム連携し、ECサイトでの出品から配送までが簡単で便利になる新サービスe発送サービスを提供することにより、ECサイトでの取引の利便性を高めていく。導入予定ECサイトは、メルカリ、モバオク、ヤフオク!など。

e発送サービスは、ゆうパック、ゆうパケットを対象とし、各ECサイト運営者が配送料金の一部を負担した料金設定となる。料金決済はECサイト上で完結し、送り状の発行・差出は、「ゆうプリタッチ」設置郵便局1,000曲と、Loppi設置のローソン約1万2,300店舗で可能となる。互いの氏名や住所を知らせることなく商品を配送できる「プライバシー配送」や、コンビニエンスストア、郵便局、宅配ロッカー「はこぽす」での拠点受取は付加サービスとなる。なお、ゆうプリタッチ設置郵便局は、2017年内に5,000局に拡大する予定。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

クローキング
アクセスしている人によって表示されるHTMLの内容を変えること。多くの場合、IP ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]