広告のビューはコンバージョンにどれだけ貢献するのか、AdRollが広告テスト結果発表

アトリビューションへの関心が急激に高まり、広告効果測定への認識が転換点に
よろしければこちらもご覧ください

データマーケティングのAdRollは、ホワイトペーパー(報告書)「アトリビューションブレンドを使った効果測定」を公開し、ビューがコンバージョン率に及ぼす影響を測定するための具体的なA/Bテスト事例を6月20日発表した。AdRollが2017年5月に発表した調査では、1,050人のマーケターの85%がアトリビューション(間接効果)を「不可欠」「とても重要」と回答した。2016年の調査が35%だったのと比較すると、アトリビューションへの関心が急激に高まり、広告効果測定への認識が転換点を迎えているのが分かる。

調査結果では、現在主流となっている「ラストクリックモデル」について、それだけに依存するのではなく、他の手法を組み合わせるべきとし、その理由を「『広告をクリックする人』は全体の16%」「ラストクリックでは『広告がなくても購入するようなユーザー』が見つかりやすい」「購入(クリック)前に実施したマーケティング施策の効果が正確に測定できない」と整理した。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

キーワード密度
1つのWebページ中で同じキーワードがどれくらいの割合で出現しているかを示すもの ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]