サムライズ、Webサイトの情報をもとにしたBtoC企業向け「競合調査サービス」提供開始

Web上のさまざまな情報を定期的に収集、分析して企業の競合分析をアシスト
よろしければこちらもご覧ください

ソフト販売・サポートのサムライズは、Webサイトの情報をもとにしたBtoC企業向けの「競合調査サービス」の提供を6月21日に開始した、と同日発表した。価格、製品名、口コミ数、評点、レビューなどの情報があるネットショップや人材募集サイトなどBtoCサービスを提供している企業向けのサービスで、 Web上のさまざまな情報を定期的に収集、分析して企業の競合分析をアシストする。

ユーザー満足度を上げるため、競合を分析することは重要となる。「競合分析をどのように行うべきか」「どこからデータを集めれば良いか」などを課題とする企業は多い。サムライズは、海外のデジタルマーケティング製品を日本に持ち込み、マーケティング活動を行ってきたノウハウを活用し、新たな顧客向けサービスとして競合調査サービスを開始することにした。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

スローアウェイドメイン
使い捨てる(throwaway)ことを前提に取得されたドメイン名。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]