デジタル行動観察ツール「ユーザグラム」、会員制サイトの顧客識別機能を強化

ビービット、ユーザグラムの機能強化で、過去に会員登録した顧客の行動観察が可能に
よろしければこちらもご覧ください

インターネットマーケティング支援のビービットは、同社のデジタル行動観察ツール「ユーザグラム(Usergram)」の会員制メディアサイト対応を強化した、と4月18日発表した。機能強化により、過去に会員登録した顧客の行動の観察も可能になった。機能を利用することで、長期間利用している顧客を含め、全会員の顧客行動が観察できるようになるという。

会員向けのメディアサイトでは、記事の閲覧や購読のための会員登録が必要となる。従来、ユーザグラムはコンバージョンしなければ顧客の識別ができなかったが、機能強化により、過去に会員登録した顧客についても観察できるよう、ログイン時に会員IDで顧客を識別できるようにした。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

インプレッション
ネット広告における、「広告が表示された回数」を意味する。 広告表示に関する ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]